Menu

個人のお客様

法人のお客様

QRコード

あなたは一人ではありません。〜より良い解決方法を一緒に考えましょう〜

Q&A

よくあるご質問

1.ご相談から調査終了までに関するご質問

Q.直接相談に行くことができません。どうすればいいでしょうか?
お客様のご都合で事務所に来られない場合は、当方から直接、自宅に伺ったり、お客様の都合の良い喫茶店等で話をお伺いすることもできます。
Q.相談内容や結果、個人情報などが外部に漏れることはありませんか?
弊社はプライバシーポリシーの規定の遵守に努めております。弊社から第三者に情報が漏れることは一切ありませんので、ご安心ください。
Q.他の探偵事務所に依頼したことがある調査でも引き受けてもらえますか?
お受けしております。他の探偵社やご自身で調査を行って、結果を得る事が出来なかった場合でも、その事実をお聞かせ頂ければ、その調査結果と方法を踏まえた上で、最善の調査方法を提案させていただきます。
Q.調査ができない依頼はありますか?
調査結果をストーカー行為などの犯罪に利用される可能性のある場合や差別調査や人権侵害に繋がる可能性がある場合はご依頼を辞退させて頂きます。なお、ご契約の際には探偵業法の第7条に基づき、「調査結果を犯罪行為、その他差別的行為、違法な行為のために用いることはありません」という旨の念書を頂いております。
Q.調査終了後も相談にのって欲しいのですが?
弊社ではお客様が、調査結果を有効に活用して頂けることを願っております。以後も問題解決のためのアドバイスをさせて頂きます。

2.調査費用に関するご質問

Q.調査費用はいつ、どのような方法で払うのですか?
原則的には調査着手前に現金もしくは指定口座に全額の支払いをお願いしています。
Q.予算が少ないのですが、調査を依頼することができますか?
ご予算の範囲内でという場合には、ご希望の予算内での調査内容を提案させて頂きます。
Q.見積もり以外に費用がかかることはありますか?
見積もり金額以外に請求することはありません。 ただし、素行調査などで契約時間内では結果を出せない場合などは、予めお客様のご了解頂いて、追加の再契約を交わさせて頂きます。

3.調査内容に関するご質問

Q.調査した時に浮気の証拠がつかめなくても料金を支払うのでしょうか?
この契約は調査経験や調査行動、管理システム、調査機材などをもって、お客様に役立てするための調査契約であり、調査の結果で生じるお客様の利益や損得を保証するものではありません。 そのため、素行調査において浮気の証拠がつかめなくても、調査契約時間内には浮気の行動が無かったという事実が結果ですから料金は発生します。
Q.浮気の証拠が取れてからどうすれば良いか分からないのですが?
調査結果を踏まえて適切なアドバイスをさせて頂きます。 例えば配偶者の不貞行為による慰謝料請求等については、弁護士の紹介もさせて頂きます。
Q.家出人が逃げているので、探していることが分からないようにして欲しいのですが?
如何なる場合にも調査は対象者に知られないように進めることが原則です。 発見して、ご依頼者に引き渡す場合においても事後の配慮をさせて頂きます。
Q.家出人が予算内で見つからなかった場合、継続・追加調査はどうなりますか?
契約期間内で発見に至らなかった場合は、調査経緯を記述した報告書をもって終了とさせて頂きます。 ただし、調査の進展や状況に応じて、ご依頼者の了解の上で調査期間を延長して継続させて頂くことがあります。 この場合の調査料金の負担はありません。なお、調査終了後の追加調査を希望される場合は、再契約となります。

プライバシーポリシーリンクについて