Menu

個人のお客様

法人のお客様

QRコード

あなたは一人ではありません。~より良い解決方法を一緒に考えましょう~

ブログ

‘調査事例)結婚・個人信用’ カテゴリーのアーカイブ

2013年5月25日 土曜日

■ご依頼の経緯
ご依頼者:女性(65歳)
ご依頼者は長男35歳の母である。生真面目で親思いの優しい息子であった、この女性が現れるまでは・・・。大学を卒業後、一流企業に就職、この歳になるまで手塩に掛けて育ててきた息子の豹変振りに驚きは隠せない。あるサークルで知り合った女性とは1年ほどの交際で、息子から結婚したい女性が居ると紹介をされた。その女性(32歳)はバツ一、子供なし。過去を語りたがらない怪しい素振り、マイペースを崩さない自己中心的な言動、何もかもが気に入らない。あれほど、優しかった息子がその女性に操られているようで、今まで女性との出会いが少なかった息子は、洗脳を受けているのではないかとさえ思える。ご依頼者は息子と自らの将来を考えて、何としてもこの結婚を阻止したいと考えている。この女性の生い立ちや素顔を知り、もし、大きな問題点があれば、それを材料に息子を説得したいとの意向であった。

■調査結果
相手女性は過去に結婚歴があって、子供は居ないまでも、変人として扱われていた。当時、女性は健康食品などを扱う、ネズミ講もどきの仕事に従事し、占い師という肩書も持っていた。言葉巧みに客を誘い荒稼ぎをしていたとの噂も聞かれる。前夫は生真面目な会社員で、当初、実父との同居であったが、その父が亡くなった後、様子が急変した。女性の母が同居、自宅に多額の借金の抵当権が付けられ、1年後に夫は謎の失踪を遂げている。事情を知る近隣住人の間では、密かに噂に成っているものの、事件として扱われた形跡はない。女性は常時、実母と共に行動をしており、得体の知れない新興宗教にも関与している様子であったが、周囲は怖がって、それ以上は関わらなかったという。

■ご依頼者の後日談
調査結果を踏まえ説得に全力を尽くしたが、息子は耳を傾けることはなかった。2人は反対を押し切って入籍、その後、中古マンションを息子の資金で購入。ところが、何故か、所有者は相手女性の母と成った。案の定、相手女性の母が入り込み、3人暮らしとなってしまった。全てが相手女性のペースに嵌って成す術がないといい、外から見守るしかない状況という。ただ、心配であることに変わりがないが、何故か、心を取り乱すことも無く開き直れたと話された。

■探偵のつぶやき
親の意にそぐわない結婚を何とか阻止したいとの相談は多いが、ここまでのケースは稀である。親の欲目で、わが子にはもっと相応しい相手が居る筈と、妄信的な申し出も無い訳ではない。調査をしたからと言って、思惑通りに進むかと言えば、そうとばかりは言えない。人は暗闇でうごめく得体の知れない物に畏れおののく。とは言え、たとえ恐ろしい獣であっても、正体さへ掴んでいれば、「山より大きい猪は出ない」と、それなりに開き直れるものである。傍に居ながら何も出来なかったと、後悔だけはしたくない。あとは注視しながら信じて待つのみ、時間が解決をしてくれることも多い。

カテゴリー: ニュースコラム, 調査事例)結婚・個人信用 | コメントは受け付けていません。

2011年9月21日 水曜日

■ご依頼の経緯
ご依頼者:男性(43歳)
浮気調査において、妻は男性と密会を繰り返していることが判明した。壊れかかった夫婦関係を修復したい。それが叶わなければ、離婚という選択も止むを得ない。ご依頼者は、厳しい選択を迫られていた。もし離婚と成れば、慰謝料や子供の親権獲得についても話し合いをしたい。そのためには、相手男性やその家族状況を予め把握しておくことが有効である。そうした、ご依頼者の意向を踏まえ、身上調査のご依頼を受けた。

 

■調査結果
相手男性(38歳)は嘗て長距離運転手として、小さな運送会社に勤務していたが、現在は失業中の身で、アパートに妻と幼い子供4人と暮らしていた。妻は幼い子供を抱えて働くことも出来ず、貧相な暮らし振りが窺えた。一方、前勤務先では、気性が荒く喧嘩早い性格で、パチンコ等、ギャンブル好きとの話が聞かれた。金遣いが荒く、同僚数人からお金を無心しているが、なしのつぶてとの話であった。勤務意欲に乏しく勤怠状況も芳しくないことから、半ば解雇同然で退職している。飲み仲間には、金蔓ご成る女を見付けたなどと、漏らしていた。ご依頼者の妻に接近したのも、金銭目当てではないかとの話も聞かれた。

 

By名古屋の探偵 アズ・トラスト

カテゴリー: 調査事例)結婚・個人信用 | コメントは受け付けていません。

2011年9月19日 月曜日

■ご依頼の経緯
ご依頼者:女性(30歳)
浮気調査により、判明した相手女性と話し合いをする上で、相手側のことを予め知っておくことは、有利であることは言うまでもない。従って、今回、その意向を踏まえて、相手女性及び家族の生活状況・風評等について調査依頼をお受けした。

 

■調査結果
相手女性は旅行代理店に勤務する25歳のOLであった。明るく快活な印象の外向きな女性で、現住所のワンルームマンションには2年程前から単身で暮らしている。男性の出入りは時々、見掛けられており、最近は半同棲的な様子であった。実家は一戸建て持家で、居住歴は15年である。現在、両親と弟が暮らしており、父は公務員、母は専業主婦、弟は大学生である。本人は極めて普通の女の子で、良識ある家庭と評され、特筆すべき悪評は聞かれなかった。比較的、良識のある家庭環境であることが分かり、正攻法で話し合いに臨めるとの判断に至った。

 

■探偵のつぶやき
浮気をする男女は特別な人達では無い。ごく普通に何処にでも居る良識を持ち合わせた人達である。浮気や不倫と謂う言葉には、現実逃避の甘い香りが漂っている。その甘い誘惑に誘われて、社会のタブーに踏み込んでしまった人達でもある。誤解を恐れずに言えば、不倫する男女は、引き付け合うだけの魅力ある2人であるとも言える。しかし、浮気をされた配偶者の心痛を思う時、最も卑劣な裏切り行為であることは否定できない。ギクシャクした夫婦関係には、その危険が常に付き纏い、そのスリリングな狭間で常に葛藤を強いられている。自らの影は、追いかければ逃げ、逃げれば、すかさず付いて来る。影が浮気をして他の誰かに付いて行くこともなく、常に人を冷静に観察している。夫婦関係は影と同じで、地に足を確りと付けて程良い距離感を保つことも重要である。

 

By名古屋の探偵 アズ・トラスト

カテゴリー: 調査事例)結婚・個人信用 | コメントは受け付けていません。

2011年9月5日 月曜日

写真素材 PIXTA

 

?■ご依頼の経緯
ご依頼者:女性(38歳)
対象者(30歳、男性)とは出会い系サイトで知り合い1年程前から交際するようになった。対象者は男前で優しいこともあって、ご依頼者は好感を持つようになった。数回会った後、お金を貸して欲しいと頼まれ、好意的に数万円単位で工面したことがある。何度かお金を貸した後、突然、連絡が取れなくなり、もう一度会いたいと願う。不信感を払拭するためにも対象者の人物像を知りたいとして、調査依頼があった。

 

■調査結果
ご依頼者が聞いていた住所には居住実体はなく特殊調査により、現住所が判明した。対象者の母は対象者が15歳頃に連れて再婚しており、当時、3人で暮らしていた。新しい父親とは折り合いが悪く、不良仲間との間を転々として、家に居付くことはなく、何処で何をしているのか分からないような生活振りが続いた。?

20歳〜25歳の時に窃盗や婦女暴行、監禁などで3度、新聞沙汰となった経緯があり、自己破産した過去もあった。定職に就いた形跡はなく、出会い系メールで女性と知り合い、お金を無心した後、しばらくすると連絡が付かなくなるというのが、常套手段の様子であった。調査の結果、本人は現在も過去と同じような生活態度に終始していることが判明し、判断はご依頼者に委ねることとなった。

 

■ご依頼者の後日談
調査結果を聞いた当初は、その結果を素直に受け入れることはできなかった。時間経緯と共に目の前から忽然と姿を消した男に対して、現実を受け留めるしか仕方が無いと、心の変化が現れた。しかし、今でも半信半疑で騙されたとは思いたくない。今は何も手に付かない状況で、前に進む気力はない。「私に対する優しい心遣いは本物だったと、今でも信じている」と切々と語られた。

 

■探偵のつぶやき
客観的にみれば、然程、難しいことではないが、「恋は盲目」とはよく言ったものである。悲しいことに完全なる片思いで、且つ詐欺的な要素が強い。立ち直りには暫く時間を要する模様であるが、その経験を生かして強く生きて欲しいと願っている。人の好意を逆手にとって食い物にする輩は許しておけない。秘めた正義感が疼く瞬間である。唯一の救いは、ご依頼者の底抜けに明るい表情であった。

 

By名古屋の探偵 アズ・トラスト

 

(c) IYO写真素材 PIXTA

タグ:
カテゴリー: 調査事例)結婚・個人信用 | コメントは受け付けていません。

2011年9月4日 日曜日

写真素材 PIXTA

 

■ご依頼の経緯
ご依頼者:
23歳の娘の両親
娘は遊び仲間の友人の紹介で知りあった男性(26歳)と1年間程交際しており、両親に隠れて、2人で住むアパートを探しているという。男性はアルバイトでレンタルビデオ店に勤務しているといい、娘の将来を案じて、娘のパートナーとして相応しい男性かどうか。男性の生活状況や人物像が知りたいということで調査依頼となった。

 

■調査結果
調査過程で男性には離婚歴があり、前妻との間に2人の子供をもうけていることが分かった。結婚当時は年齢も若く、オートバイ好きであったことから、ツーリング仲間と暴走することが多く、家庭を顧みることはなかった。子供が熱を出した時も、仕事が終わったら、早く帰ってくるように懇願する妻に対して、聞く耳を持つことはなく、いつも通りに出掛けて行った。時には身内が危篤状態と嘘を言って、外出することもあったという。

 

 
対象者は結婚していた4年間に何度も転職して落ち着かず、収入が安定しないことから、前妻実家の経済援助を受けることが多かった。そんな状態が永く続き、前妻は解決策を見い出せないまま精神的に疲れ、体重が減り続けた。結婚して子供が出来た後も父親としての自覚は全くなく、子供を抱くこともなかった。結婚後も若い女性と同伴する姿を何度も目撃されており、女性を性の対象としか考えない血の通わない人物であった。?

 

経済的には比較的、恵まれた家庭環境で育ったが、一人っ子であることから、何不自由なく甘やかされて育った経緯がある。父親は見栄っ張りで外面は良いが、本人と向き合うことを避けて来た傾向がある。一方、母親は夫には口ごたえ出来ない大人しい女性であった。そんな家庭環境の中で、本人は愛情に飢え疎外感を味わっていた様子である。

 
憔悴しきった娘を見るに見兼ねた両親は、相手方の両親に相談を持ち掛けたが、全く無関心で、話に成らなかったという。悩んだ挙句、娘に離婚を勧め、子供2人も引き取とり、協議離婚が成立した。養育費の支払い能力がないことから、請求はしなかったといい、実家にて両親の助けを得ながら平穏な日々を送っている。?

 

本人は離婚後、反省して生活態度を改めた様子はなく、女性宅を泊まり歩いたり、乱れた複数の異性交遊関係が聞かれる。経済的にオートバイも手放さざるを得ない状況で、ゲームセンターに入り浸る日々が続いている。

 

■ご依頼者の後日談
調査結果を報告したところ、あまり芳しくないとだろうと想像はしていたが、まさか、ここまでかという様子であった。大人としての自覚に欠け、一緒に遊ぶ男としては面白いかも知れないが、娘の幸せ託すには危険極まりない人物であることが分かった。あとは娘にどうやってこの事実を伝えるかである。取り合えず、夫婦でじっくりと話し合いをして、様子を見ながら、娘とも冷静に向き合いたいとのことであった。

 

■探偵のつぶやき
「若気の至り」と言ってしまえば簡単であるが、世の中にこのようなケースは山ほどある。子を持つ親としては、敢えてこのような失敗に目を瞑ることは、勇気の要ることであろう。20歳を過ぎれば自己責任とは言え、余りにも大人気ない行動が目につく。果たして子供達だけの責任であろうか?この子供達が子供を産み育て、次の世代に繋ぐ。結婚調査を通じて、痛切に感じることは、負の連鎖である。大人たちには、ダメなものはダメとハッキリ言うべきである。その判断と自己責任は当事者が負うべきである。

 

By名古屋の探偵 アズ・トラスト

 

 

(c) パームツリー写真素材 PIXTA

タグ:
カテゴリー: 調査事例)結婚・個人信用 | コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて