Menu

個人のお客様

法人のお客様

QRコード

あなたは一人ではありません。~より良い解決方法を一緒に考えましょう~

ブログ

‘調査事例)盗聴器発見’ カテゴリーのアーカイブ

2013年11月6日 水曜日

■ご依頼の経緯
ご依頼者は母45歳と娘22歳の2人暮らしである。親子共に陰に籠った印象で、あまり外出は好まない様子である。母の職場で2人の生活振りが噂され、誰かに盗聴されている気がするという。近隣住人の間でも生活状況を覗かれている気がして、不安で落ち着かない生活を送っているとの話であった。被害妄想的なところも無いでは無かったが、母と娘が同じ感覚を持っていることから、盗聴器が仕掛けられて居ないかの確認調査をお受けした。

■調査結果
盗聴器発見の探索機を使用して、屋外から部屋の隅々まで確認したが、盗聴器の発見には至らなかった。盗聴器の原理を説明して、盗聴についての理解を深めて貰った。100%納得という訳には至らなかったけれども、ある程度の安心感は得られたように感じた。

■探偵のつぶやき
近年は何か不審なことが起きる度に誰かに覗かれている症候群に陥る人も少なくは無い。人間関係が希薄に成って居ることも一つの要因に成っていると考えられる。ラブホテルなどの不特定な場所を狙った盗聴マニアは別として、ターゲットを特定した場合は、それなりの動機がある。企業情報、ストーカー、政治絡みなど、欲望や利権が絡む場合には盗聴の可能性が高く成る。業者として、被害妄想を煽るような集客活動は厳に慎むべきである。

by名古屋の探偵社 アズ・トラスト

カテゴリー: 調査事例)盗聴器発見 | コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて