Menu

個人のお客様

法人のお客様

QRコード

あなたは一人ではありません。~より良い解決方法を一緒に考えましょう~

ブログ

2009年4月 のアーカイブ

2009年4月30日 木曜日

福岡県うきは市の市立中学校長(57)が08年の2学期、指導に従わなかった生徒数人に、「遅刻はしません」などと記した誓約書に署名させたうえに、母印も押させていたことが28日分かった。これを知った教員からは「威圧的な行為で驚いた。生徒指導の範囲を越えている」という声が出ている。

4/30朝日新聞記事引用

確かに違和感を感じない訳でもないけれど、そこまで言うのは逆にちょっと、言い過ぎではないかと思う。校長先生にすれば、再三、注意しても改善が見られず、指導の効果を考えた挙句、担保として誓約書を書かせたと思う。一般的に誓約書に印鑑を押すのは常識で、普段、生徒は印鑑を持ち歩いていないから、母印で済ませたと推測する。悪意もなく大きく良識を超えたとも言い切れない中で、その一点でここまで校長先生を槍玉に挙げるのはどうかと思います。

今の世の中、人権ばやりで、何かと人権を持ち出して、「人権上問題がある」と安易に言ってしまことが多い気がする。元を質せば、何度注意されても、反省して改善しなかった、生徒たちの行動に非があるはず。そのことを棚に上げて、校長先生の生徒指導への熱意が忘れ去られていることが残念です。

そう言えば、数十年前、私が18歳の高校生の時に理由を知らされることなく、生徒全員が両手の指10本の指紋を採取された記憶がある。当時、純粋であった私は18歳に成れば、誰でも指紋を採ることが義務であると疑いなく思っていた。ところが、社会に出て驚いたことに、他の出身校の友人・知人は誰も経験がないという。雰囲気を察して、これは口にしてはいけないことと、過去封印して来たが、今、考えるとあれは何であったろうかと不思議で仕方がない。時代背景が違うとは言え、そんな経験をした私だから、母印くらいで何故、騒ぐかと思ってしまうのかも知れない。

タグ:
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2009年4月29日 水曜日

?29日付けで春の叙勲受章者が発表されました。今回最高位の旭日大綬章は7人で、瑞宝大綬章2人など4068人の方が受章されました。愛知県内からは、17人の女性を含む145人(旭日章30人、瑞宝章115人)が選ばれました。

春は4月29日、秋は11月3日に発表されるが、この叙勲とは一体何なのだろうか。歴史を紐解くと1871(明治4)年、明治政府は、西欧諸国における勲章制度の調査を行い勲章制度の創設に向けて検討を進め、1875(明治8)年に、「勲章従軍記章制定ノ件」が公布された。これが現在の「旭日章」の基となり、勲章制度が始まった。

また、褒章については、1881(明治14)年の「褒章条例」により,「紅綬褒章」「緑綬褒章」「藍綬褒章」が制定されたのが始まりとなっている。終戦後の1946(昭和21)年、外国人に対する叙勲と文化勲章を除き、生存者叙勲は停止された。しかし、1953(昭和28)年には一次的に再開され、1963(昭和38)年に、正式に生存者叙勲の再開が決まり、翌1964(昭和39)年には新しい叙勲基準が閣議決定された。

勲章の授与対象は、国家又は公共に対し功労のある人、功績の内容に着目し、顕著な功績を挙げた人、公務等に長年にわたり従事し成績を挙げた人、文化の発達に関し特に顕著な功績のある人となっている。

一見、130年ほどの歴史があって由緒正しいようにも見えますが、受賞者の大半が省庁の推薦で、一般推薦による受賞者は僅かだといいます。顔ぶれをみると、殆どが公務員もしくは準公務員的な要素の強い人たちであって、庶民感覚からすると官々接待にしか思えません。

勲章の順位にしても、功績ではなく役職に与えられたものに見えます。中には在職中、グレーな噂があった人も含まれているようで、スッキリとしません。日本の春のお祭りくらいに捉えれば良いのでしょうが、僻みかも知れませんが悪しき慣習のように思えてなりません。

芸能・芸術などの文化に功績があった民間人に褒章を与えて称えることは理解できますが、今の叙勲の在り方には首を傾げたくなります。天地がひっくり返っても有り得ない話ではありますが、もし自分に話があった時には潔く辞退したいと思います。

タグ:
カテゴリー: エッセイ | コメントは受け付けていません。

2009年4月28日 火曜日

熊本県本渡市(現天草市)の市立小学校で2002年、臨時講師の男性が当時2年生だった少年(14)の胸元をつかんでしかった行為が、学校教育法の禁じる体罰に当たるかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷は28日、「教育的指導の範囲を逸脱するものではなく、体罰に当たらない」と1、2審とは反対の判断をした。

4/28中日新聞記事引用

最高裁でやっとまともな判決が出たようです。悪ふざけの生徒を戒めるのに多少、厳しい対応は必要かと思う。最近の先生は少しばかり手を出すと加減が分からないので、生徒に怪我をさせてしまうことが多い。偶には講師でも呼んで、効果的な叱り方を勉強したほうが良いのかも?ある程度、先生の裁量を認めても良いのではないかと思う。あれをしてはダメ!これもダメ!先生も相当にストレスが溜まっているようで、ノイローゼになったり、異常な行動を取る先生も出ている。教育現場からは、「これじゃ〜遣ってられないよ〜!」という悲鳴が聞こえて来そうだ。良識と照らし合わせて、明らかに逸脱していない限りは、許されてしかるべきと思う。そこには子供、親、先生の信頼関係が前提であろうと思うが、まず先生を信じたいものです。

理想の教師像はと聞かれたら、迷わずに「ごくせん」の山口久美子と答える。彼女に憧れて教師を目指す先生も多いと思う。彼女は自分の生徒を守るためであれば、たとえ火の中水の中、体を張って戦う。最初は無視をしていた生徒達とも、次第に心が通い信頼関係を築いていく。何と美しい・・・元々、アニメの世界とは言え、正に本質を突いている。悪ふざけをした生徒を戒めるために胸倉を掴んだくらいで、裁判沙汰とはおかしな世の中だ。反省もなく、訴える親もどうかと思うが、1審2審とで法律遊びみたいなことはいい加減にして欲しい。

5月21日から裁判員制度が始まる。フリージャーナリストの江川紹子さん曰く、「裁判員制度では死刑か無期かを判決するような重大な事犯に一般国民が関わるけれど、もっと身近な事犯に関わるようにしたらどうか・・」・・全く同感です。多くの人が、人の生死に関わる判断をすることにためらいを感じています。そうであれば、死刑か無期かの二者択一のような事案はプロに任せて、世の中には他にも関心の高い裁判が一杯あります。そのような裁判に関わる方が参加意識も高まり有意義な気がします。今回の事案を裁判員制度の元で審議したとしたら、どのような結果になって行ったか非常に興味のあるところです。

タグ:
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2009年4月27日 月曜日

今週の『週刊文春』5月23日号には、「先生が名前を呼べない子供たち」という特集が組まれていた。最近の女の子も男の子も、読めない名前が増えてきたという。

週刊文春』5月23日号引用

?

その記事の中で、個人的に気になった子どもの名前ベスト5を書き出してみました。

■男の子の名前

 和源(ワーゲン)?  天使(ミカエル)  英雄(ヒイロ)  強運(ラッキイ)  沙風(サアファ)

■女の子の名前

 彩華(アロハ)  (ハアト)  樹里亜菜(ジュリアナ)  (ハイジ)  美海(マリン)

 その他、そもそも読むのが難しい。「名前ランキング2008」には、さらにこんな名前も紹介されている。

 奏人(タクト)  光舞(テルマ)  (ライト)  獅人(レオト)  大虎(タイガ)  星穏(シオン) 

 遥空(ハルク)  琉煌(ルキヤ)  怜音(レイン)  瑠楓(ルカ)  望来(ミライ)  伶音(レノン)  

 來夢(ラム) 心暖(シノン) 煌羅(キラ)

以前から言われていたことではあるが、ここまで来ると呆れて物が言えない。ちょっとした、親の遊び心と個性派気取りででネーミングしているのかも知れないが、第3者が見て読めない名前に意味があるのであろうか?昔から読み難い名前はあったが、ここまでのものは無かったと思う。

何故、こんなことが起きているのか不思議に思い、戸籍法を調べてみた。

戸籍法第50条
1.子の名には、常用平易な文字を用いなければならない。

2.常用平易な文字の範囲は、法務省令でこれを定める。

?

戸籍法施行規則第60条
1.常用漢字表(昭和五十六年内閣告示第一号)に掲げる漢字(括弧書きが添えられているもの

 については、括弧の外のものに限る。)

2.?別表第二に掲げる漢字

3.片仮名又は平仮名(変体仮名を除く。)  ?

?

 要約すると、戸籍簿には漢字の場合は漢字だけが戸籍に登録され、それをどう読むかは自由のようです。また、読み方について法令上の規制はないようです。ただし、判例に「同一戸籍内の者に同一の名前をつけることはできない」というのがあります。
 法令には人名に使用が許されている平易な漢字を使いなさいと書いてある。普通に解釈すれば、誰でも読めて書ける文字を使いましょうということである。読み方が自由で、好きなように読ませることが許されるのであれば、第3者は好きなように読んでもよいという屁理屈も成り立つ。その子供が一生背負って、何度も呼ばれる機会のある大切な名前にも関わらず、その場の乗りやフィーリングで、安易に決めているように思えてならない。「カッコいい名前」、「綺麗な名前」云々・・を言う前に違和感のない名前が基本だと思う。いくら耳障りが良いからと言って、多くの人が読むことが困難な名前は違和感以外の何物でもない。

タグ:
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2009年4月26日 日曜日

名古屋市長選は26日に投票、即日開票され、無所属新人の前衆院議員、河村たかし氏(60)=民主推薦=が、自民・公明支持で元中京大教授の細川昌彦氏(54)、共産推薦で愛知県商工団体連合会長の太田義郎氏(65)ら3氏を大差で破り、初当選を確実にした。主要政党の相乗りが崩れ、国政の2大政党が激突した選挙戦は、「市民税10%減税」など大胆な変革案を掲げた河村氏が圧倒的な支持を得た。河村氏は28年ぶりの「脱相乗り」体制での市長として、公約実現に挑むことになる。

4/26中日新聞記事引用

?

名古屋市長選挙投票率の推移のグラフを見て分かるように、今回の投票率は前回の過去最低投票率27・5%を大きく上回り、50・54%に達し、1977年以来、32年ぶりに50%を超えた。永年、相乗り候補が続いたことが、大きな原因ではあるが、今回、50%を越えたからと言って、喜んでばかりもいられない。

せめて65%くらいなければ、真に民意を質したことにはならないような気がする。選挙に興味のない人に何故、投票に行かないのかと尋ねると、その多くが、誰が遣っても同じと答える。果たしてそうであろうか?もし、本当にそうであったとしたら、市民がそのような土壌を作ってしまったのではないか?

政治家は政治に関心を示す多くの市民や国民があってこそ育つ。選挙に行かずして、世の中が云々・・言う資格はない。無関心を決め込まず、折角、与えられた選挙権を大切に行使して欲しいと思う。

今回、当選した河村たかし氏には大きな期待が寄せられている。名古屋は地味で目立たない印象が強いが、河村氏特有のバイタリィティーと灰汁の強さを持ってして、閉塞感漂うこの名古屋を活気ある街にして欲しいと願っている。

タグ:
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2009年4月25日 土曜日

携帯電話の小さな画面に、少女たちの「SOS」の叫びがあふれていた。 「誰か助けて。お金もう200円しかないです」「1週間ぐらい泊めてくれる方いませんか」「ある程度は覚悟してます」――。 携帯サイト上に無数にある「家出掲示板」。家出をしたい少女と、少女を家に泊めたい男、いわゆる「泊め男(とお)」をつなぐ。それはあまりに危険な「出会いの場」だ。

4/25読売新聞記事引用

警察庁生活安全局少年課がまとめた、少年非行等の概要(H20.1〜12月)によれば、平成15年に制定された出会い系サイト規制法「出会い系サイトの利用に起因する児童買春その他の犯罪から児童(18歳未満の少年少女)を守る目的の法律」に抵触する事件は年々、増え続け、平成19年に122件であったものが、平成20年には3倍の367件に増加している。この辺りで抜本的な対策を考えなければ、平成21年には恐ろしい数字が予測される。

需要と供給さえ一致すれば何でもあり、そこにはモラルという良識は一切、介在しない。それが、現在の世相なのか?本来、家庭こそが子供にとって、心が許せて、寛げる場所である筈なのに、そこには居場所がない。プチ家出を繰り返すうちに多少の危険は覚悟しつつも、見知らぬ、自称いい人「泊め男」を選択してしまう。それまでにもして、少女たちの心を傷つけ、頑なにさせているものは一体何であろうか?子供たちの成長は親の責任だけでなく、社会が一緒になって育てて行こうとする動きが出てきている。多少の煩わしさはあっても、他人事と無関心を決め込まず、今こそ古き良きコミニュティーを取り戻す機会だと思う。

タグ:
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2009年4月24日 金曜日

日本たばこ協会が24日発表した08年度(08年4月〜09年3月)の紙巻きたばこ販売実績によると、数量は前年度比4.9%減の2458億本で、10年連続で減少した。内訳は国産1599億本、輸入859億本。協会は健康志向の高まりや、成人人口の減少が、販売減少の原因とみている。銘柄別では「セブンスター」が124億7300万本で、記録が残る86年以降初めての1位になった。前年度までは「マイルドセブン・スーパーライト」が3年連続で1位だった。

4/24毎日新聞記事引用

そこで、日本の喫煙率は実際にどのような推移で減少しているのか、世界的に見てどうなのかを調べてみました。

性別年齢別喫煙率の推移(折れ線グラフ)を見て分かることは、男性はどの年代においても年々、減少傾向にあり、1965年頃、平均して80%程度あった喫煙率が、2005年には50%ほどになっている。一方、女性は1965年頃から平均して18%前後をキープしながら、近年は微増傾向にあることが興味深い。?

男女別喫煙率の国際比較(棒グラフ)で分かることは、OECD諸国の間で日本は、特に男性の喫煙率が高いことが分かる。面白い傾向としては、喫煙率が高い国は、男女差が大きく、喫煙率が低い国は男女差が小さいことです。

タグ:,
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2009年4月23日 木曜日

総務省は22日、了解を得ていない相手に広告入りの電子メールを大量に送りつけたとして、出会い系サイトを運営する男性(49)=東京都荒川区=に改正特定電子メール法違反(送信の制限)に基づく措置命令を出したと発表した。迷惑メールの送信を原則禁止とした同法は昨年12月に改正・施行されたが、措置命令が出されたのは初めて。

4/23asahi.com引用

総務省によると、男性は08年12月上旬〜今年4月上旬に自らが運営する出会い系サイトを宣伝する内容の電子メールを不特定多数に送信した疑いが持たれている。総務省は今年1月、男性に改善を求めるメールを送るなど警告したが、改善がみられなかったため、初の措置命令に踏み切った。今後も改善がみられなければ、刑事告発も検討するとしている。改正特定電子メール法では未承諾の広告メールの送信を禁じたほか、法人への罰金の上限も3千万円に引き上げるなど規制を強化した。海外からの迷惑メール送信も規制対象としている。

今回、2008年12月の法改正による、「特定電子メールの送信等に関するガイドライン」に基づいて、措置命令が出されたようである。措置命令とは下記に記述した通り、改善の命令を出すことである。この場合、法人ではなく、個人であるから、罰金の上限も100万円であると考えられる。それにしても、甘い対応である。その裏で、多くの利用者が迷惑を蒙っているというのに、この男性は法律の足元を見て行動しているとしか思えない。このような弱腰の対応は納得が行かない。「今後も改善がみられなければ、刑事告発する」と何故、言えないのであろうか?この件は引き続き、成り行きを見守りたいと思う。

(措置命令)
第七条 総務大臣は、送信者が一時に多数の者に対してする特定電子メールの送信その他の電子メールの送信につき、第三条若しくは第四条の規定を遵守していないと認める場合又は送信者情報を偽った電子メール若しくは架空電子メールアドレスをそのあて先とする電子メールの送信をしたと認める場合において、電子メールの送受信上の支障を防止するため必要があると認めるときは、当該送信者(これらの電子メールに係る送信委託者が当該電子メールの送信に係る第三条第一項第一号又は第二号の通知の受領、同条第二項の記録の保存その他の当該電子メールの送信に係る業務の一部を行った場合であって、当該電子メールの送信につき、当該送信委託者の責めに帰すべき事由があると認められるときは、当該送信者及び当該送信委託者)に対し、電子メールの送信の方法の改善に関し必要な措置をとるべきことを命ずることができる。

タグ:
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2009年4月22日 水曜日

全国各地の暴走族のうち34・7%が暴力団と関係があることを認め、16・7%が暴力団に上納金を納めていたことが22日、警察庁のアンケート調査でわかった。

4/22読売新聞記事引用

?

走り屋・飛ばし屋のサークル活動のような暴走グループも多かった昔と違って、現在は暴力団との繋がりが強くなっているようです。愛知県警の資料(暴走族グループ数の推移と暴力団関与グループの割合)によれば、取締りの強化により、年々、県内の暴走族グループは減少し、平成17年当時、150強あったものが、平成20年には3分の1の50弱に減っています。

ところが、生き残っているグループの9割以上が暴力団との関わりがあるとの結果が出ており、グループ中、何人かは暴力団との関わりがある人物が居ることになります。何かトラブルがあった時に暴力団が後ろ盾になり、その見返りとして、面倒見料を払うという構図があるようです。市民にとっては迷惑な話で、更なる取締り強化を願うばかりです。

タグ:,
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2009年4月21日 火曜日

迷惑メール(スパムメール)の送受信や対策に費やす電力は08年に全世界で330億キロワット時に上るという調査結果を、米環境コンサルタント会社「ICF」がまとめた。発電に伴う温室効果ガス排出量は二酸化炭素換算で1700万トンに達するという。調査は、インターネットセキュリティー会社「マカフィー」(本社・米国)がICFに依頼し、08年の各種データを基に試算した。

4/21毎日新聞記事引用

?

一部の不届き者によって、莫大な経済損失が出ていることは残念です。これに対応するには罰則強化しかないと思い、関係法令を調べてみたところ、以下のように法律改正がされていることが分かりました。日本の迷惑メールの現状や法改正後の効果については、後日、検証したいと思います。

同意なしの送信に罰則:
迷惑メール規制の改正法案が成立
事前の同意なしに広告メールの送信を禁止する特定電子メール法の改正案が参議院で可決された。2008年05月30日

迷惑メールの送信規制を目的とした「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律の一部を改正する法律案」(特定電子メール法)が5月30日、参議院で全会一致で可決され、成立した。年度内にも施行される見通し。

改正法では、広告メールに送信する際に利用者の事前同意(オプトイン方式)が義務付けられるほか、同意内容の作成・保管が義務付けられる。違反した法人への罰金が強化され、現行の100万円以下から3000万円以下に、虚偽報告の場合も同30万円以下から100万円以下に引き上げられた。 このほか、調査機関が利用者の電子メールなどの情報提供をプロバイダなどに提出要求できるほか、違反者に対して報告提出の要求や立ち入り検査を実施できるようになった。?

タグ:
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2009年4月20日 月曜日

暴力団などの不当行為防止を目的に県内の銀行などが連携する県金融機関暴力追放連絡協議会(島田稔会長)の設立総会が16日、名古屋市中区の名古屋銀行協会で開かれた。

4/20共同通信記事引用

全国銀行協会が昨年末に「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」を示しており、それを受けて、各都道府県の金融機関が県警との連携を深める連絡協議会を発足させる動きが広がっているようです。

暴力団などの不当行為に対応するには組織力を持って対応することが有効で、今までにそうした連携が無かったことが残念です。今後、この動きが一般企業や地域社会に広がって行けば、一般市民の意識向上に繋がり、社会の安心と安全の確保に大きく貢献することでしょう。

タグ:,
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2009年4月19日 日曜日

宇高連絡船として旧国鉄時代から約100年の歴史を誇る宇野(岡山県玉野市)−高松航路が、高速道路料金の割引により瀬戸大橋利用が増え、存続の危機にある。同区間を運航するフェリー3社のうち津国汽船(同市)は1日に撤退、他の2社も「歴史ある航路を残したいが、収支を見極めて」と先行きは不透明で、地元自治体は国へ支援を求めている。

4/19毎日新聞記事引用

?

瀬戸大橋は本州四国連絡橋の3ルートのうちの一つで、道路鉄道併用橋では世界最長(9368m)です。当時、料金が高いとか、3本も必要かと言った議論がありましたが、実際に利用してみると、車内から見下ろす絶景は正に天空の架け橋と言ったところで、そんな揶揄も許せるほどに感動したことを覚えています。

多くの税金を使いながら通行料が高く、利用者が少ないことが残念で、なぜ経済効果と利便性を考えて国民に還元しないのかと思いました。

橋を造るには長い年月を要した訳ですから本来、前もってフェリーとの住み分けを考えながらスムーズに移行できるように考えて欲しかった気がします。今年に入り、唐突な国の経済対策によって、料金が安くなりました。橋の利用料金が大幅に下がれば、フェリーの利用が激減することは当然、国も予測していたことと思います。

何か一つことを起こせば、何処かで弊害が出てくるものです。フェリー会社にすれば、企業努力云々の問題を超えていることで、国や地方自治体へ支援を求めることは仕方がないことのように思います。何とか、バランスを取りながら、折り合いをつけて欲しいものです。

タグ:
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2009年4月18日 土曜日

三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の三菱UFJ証券は17日、元幹部社員により約4万9000人分の顧客情報が流出した問題を追加調査した結果、名簿業者から不動産会社などへの転売先が、当初公表の13社から約80社に拡大する可能性があると発表した。

4/18共同通信記事引用

この事件は正に個人情報保護法の本丸とも言うべき個人データの保護・管理に関わる、重要な案件です。普段、個人情報保護法が引き合いに出されて、社会生活の秩序を守るためのシステムに足かせを課せられたり、不自由さを強いられることが目につきます。社会の安心と安全を確保するためにも、2度とこのような不祥事の起こらないような体制作りをして欲しいものです。

一方で調査業はこの法律の間違った解釈により、大きな打撃を受けています。この法律が誤解を生む原因は、「情報」と「データ」との違いの混同にあります。法律は情報とデータを区別し、個人データについてのみ安全管理措置の義務を課し、個人情報についてはモラルに委ねています。また、個人情報取扱事業者に対する監督がなされるのみで、一般国民に対する直接の規制ではありません。

タグ:
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2009年4月17日 金曜日

ブログ問題などで市議側と対立してきた鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(50)は17日、3月の市議選後初めて招集した臨時市議会で不信任決議を再び可決され、地方自治法の規定により自動的に失職した。

4/17西日本新聞記事引用

自らのブログで市議の不人気投票や市役所職員の年収を細部に亘りホームページで公開するなど、話題となった24,000人の小さな市が、またもや揺れている。やや手法が稚拙で唐突な感は否めないが、これくらいのショック療法をしなければ、地方自治は変わらないのかも知れない。保守一辺倒の街にあって、同氏は異色の存在であることは間違いない。

所信表明演説を聞く限りでは、正義感が強く、政治を市民の手に戻そうとする姿が窺え、共感を抱く市民は多いであろう。同市のホームページは、知りたいことが、かなり明確に表現されており、情報公開を強く意識している印象を受ける。5月に出直しの市長選があり、同氏は60%以上の市民から支持があるという。一方で、4月26日(日)には名古屋市長選挙があり、同氏と似通った感覚の候補の成り行きが気懸かりである。

タグ:
カテゴリー: ニュースコラム | 2件のコメント »

2009年4月16日 木曜日

総務省が16日発表した2008年10月1日現在の都道府県別の人口推計によると、1945年8月15日以降の戦後生まれは9645万6000人となり、総人口(1億2769万2000人)に占める割合は75・5%と、初めて4分の3を上回った。75歳以上は10・4%の1321万8000人だった。

4/16北海道新聞記事引用

1970年に当時、ジローズが唄って大ヒットした「戦争を知らない子供たち」から、39年、4分の3が戦争を知らないことになる。タイトル改め、「戦争を知らない大人たち」で、リバイバルヒットを狙って欲しい。ところで、来年は65歳以上の年金受給者以外は戦争体験がないことになる。

良し悪しはさて置き、最近は安易に核武装が語られ、ハードルが低くなっている気がする。核武装の是非については深くは分かりませんが、戦争体験者は今まで以上に戦争の悲惨さを語り継ぎ、我々は耳を傾ける努力をする必要があると思う。

タグ:
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2009年4月15日 水曜日

与野党六党は十四日午後、衆院消費者問題特別委員会理事会で、政府が提出した消費者庁設置関連三法案を共同修正することで合意した。共同修正案は、十六日の同委員会で可決され、十七日に衆院を通過する見通し。今国会成立は確実で、消費者行政を一元化する消費者庁が今秋にも発足する運びとなった。 

4/15東京新聞記事引用

消費者庁は予てから縦割り行政の弊害が指摘されており、消費者行政を一元的に所管する組織となります。今まで関係省庁が表示、取引、安全、物価・生活など個別に管理・監督していたものを一本化することで、一般消費者にも分かり易くスッキリしたものになることが期待されています。

所属するNPO全国調査業協会連合会(地方組織:愛知県調査業協会)は消費者保護を重点ポイントとして、消費者プラザ等との連携を取りながら、消費者相談窓口を設けて活動しています。今後も法制化に向けて目が離せないところです。

タグ:
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2009年4月14日 火曜日

電子マネーの利用が26.7%に達したようで、都市部を中心に広がり、4人に1人が何らかの形で保有しているそうです。形態別ではICカードが21.6%で携帯電話が8.7%だそうです。

何を隠そう私はオサイフ携帯に関しては、かなり先駆者で、発売後、半年後くらいから利用しています。ところが残念なことに未だにオサイフ携帯はマニアックな扱いを受けています。利用しているものは、EdyとIDとSUICAとVISA Touchです。この地方では、何と言ってもEdyを利用できるところが多く、遣いやすい。Edyの良いところは、ネットで入金できること、月にいくらと決めておけば、家計簿感覚で金銭管理できるので、奥様のニーズにピッタリだと思います。

当時、某レンタルビデオ店で会員登録しようとした時にかなり苦労した経験があります。店員が誰も分からないのです。カウンターの上に置いてある案内チラシを見ながら、店員がこれは何?と聞きあっていたのです。少なくとも存在くらいは周知徹底してて欲しいと感じました。まあ、どのような物でも初物は寂しい扱いを受けるのでしょうか?一言だけ言わせて頂けば、その導入を考えたのは私ではなく店側であることです。

新幹線に乗る時にはSUICAで簡単に入退場して、JRの乗り継ぎも出来ます。ところが、まだJRの職員にもオサイフ携帯での利用は一般的でない様子で、乗り継ぎで、上手く行かなかった場合に満足な対処方法が返って来たことは一度もありません。携帯での利用はまだ普及していないとは言え、もう少し勉強して欲しいなあと思います。本日は少し愚痴っぽくなりましたが、率直な感想です。とは言え兎に角、便利です。是非、お試しあれ!

カテゴリー: エッセイ | コメントは受け付けていません。

2009年4月13日 月曜日

団塊世代の妻の多くが「結婚当初に比べてがっかりさせられた経験」を持ち、夫に謝ってほしいと思っている――博報堂の調査でこんな「すれ違い夫婦」の姿が浮き彫りになった。団塊世代の夫の「片思い」も根強くあるようだ。
4/13asahi.com引用

調査結果は世間で日頃から言われていることを考えれば、想定内と言おうか、予想通りという気がします。団塊世代と言えば、競争社会の中で、鎬を削って来た人達です。アンケートに答えた夫婦は曲がりなりにも、離婚せずに今日まで何とか夫婦の形を繕って来た訳ですから、それだけでも評価に値すると思います。

男の立場で奥様方に一言だけ言わせて頂きたい。この先きっと仕事から離れて、夫の本来の優しい部分を垣間見る日が来ると思います・・・!。いや・・・!多分、来ると思います。いや・・・!来ることを願いたい。だから、許して上げてください。全団塊世代の夫に成り代わり、この場を借りて謝ります。奥様ごめんなさい!

カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2009年4月12日 日曜日

2月から3月に開かれた東京都の定例議会で、職員が答弁調整を理由にホテルに計944泊し、約840万円が公費から支出されていたことが11日、都への取材で分かった。大都市を抱える10道府県を選んで聞いた結果、いずれも「ホテル泊まりはない」などと回答。都の支出の必要性があらためて問われそうだ。

4/12北海道新聞記事引用

?

15年程前、東京に在住していた頃、夜遅い時間帯になると都庁前にタクシーが列を成して並ぶ光景を頻繁に見ていた。あまりにも異様な光景であったことから運転手さんに「何故、これほどまでに並ぶのですか?」と尋ねたことがある。タクシーの運転手曰く「万しゅうが出る」と答えた。

これが、後々に大きな問題となったが、当事は大きく報じられることはなかった。昨今、国民の目は厳しくなって、少しでも国民から見て、理不尽なことは叩かれる。それは、良いことだと思う。タクシーの次はホテルである。おそらく、タクシーを使うのであれば、ホテル代の方が安く済むという理屈であろう。

しかし、何らかの理由で、遅くなることは最初から想像が付く話で、あれだけ立派な都庁の中に、何故、仮眠室のような設備(防災設備関係には仮眠室があるようです)が無いのかが不思議だ。もし、仮眠室が新たに設置されたら、時間内に仕事は済ませて、誰も利用しないのでは?と穿った見方をしてしまうのは私だけであろうか?

?

カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2009年4月11日 土曜日

東京都下水道局が職員の制服用に作製したワッペン2万枚について、デザインが都の内規に反するとして約3400万円かけて作り直した問題で、石原慎太郎知事は10日、定例記者会見で「本当にたまげた。骨身に染みて反省するよすがにさせる」と述べ、作り直しを決めた同局の幹部らを処分する方針を明らかにした。

4/11読売新聞記事引用

それにしても、お粗末といおうか、不始末と言おうか、民間の常識では考えらえません。結局は予算が余っていて、作り直しをしても予算内に収まればOKということでしょうか?1枚1700円のワッペンということで、本来、その金銭感覚自体を突っ込みたいところです。

一番に得をしたのが、請け負った業者かと思いますが、ここから飛び火して、業者との癒着云々・・・と言った、きな臭い話が出て来なければと思います。誤解を恐れずに言えば、まだ、そうした裏があるのであれば、「なるほど!」と理解が出来るような気がします。

そんな裏も無く、ただ単に都の規格に合わないという理由だけであったとしたら、本当に「バカじゃないの〜!」と悲しくなります。これでは、東京都民の皆さんにお気の毒と言うしかありません。

?

カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2009年4月10日 金曜日

癒しのダイヤル は、日頃、人と接する機会がなくストレスを溜めている人の話し相手や愚痴聞きをする、心の健康サポートサービスです。

多くの場合、愚痴は単なる雑音で、繰り返し聞いてくれる相手はそう簡単には見つからないものです。相手を一つ間違えると人間関係を逆に悪くしてしまいます。むしろ、身内や知人よりも全く利害関係のない第3者であれば、人畜無害ではないでしょうか。

そこで、我がスタッフが心のケアーの一環として愚痴の聞き役に徹して、利害関係のないところで大いに愚痴をお聞きします。そして、「スッキリさせて早く頭を切り替えましょう」、「何かあったら愚痴を言いましょう」というのが私たちのポジティブな提案です。

       あなたのお話伺います

         心の健康サポートサービス

         登録制・癒しのダイヤル

         telephone052−721−2853

?

  ■癒しのダイヤルは「アズ・フォーラム」が提供しています。

  • 住所・氏名・連絡先の登録だけでサービス開始です。
  • 初回は無料体験も出来ます。
  • 対面サービスと電話での対応のどちらでも選べます。

カテゴリー: 広告・宣伝 | コメントは受け付けていません。

2009年4月9日 木曜日

現役大学生にとって「興味がある製品・サービス」でパソコンがトップに、自動車は17位に低迷していることが8日、日本自動車工業会の調査で分かった。

4/9niftyニュース引用

?

少し前であれば、自動車を持つことが、若い男性のステータスであったが、自動車を保有することによる経済負担と環境への意識変化が大きく影響して、価値観が大きく変動したようだ。それにしても遂、最近まではステータスの一つであった車が、これほどにまでに早いスピードで意識変化が進むとは、誰が想像したであろうか?

我が国の自動車の市場動向の資料(2006年10月)によっても、20歳代の自動車の保有が激減していることが分かる。調査では今後も、この傾向が続くと推測している。

カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2009年4月8日 水曜日

自殺を図る若い男性の多くは、8歳の時点で重度の情緒的問題が現れることが、フィンランドの研究で明らかになり、6日に発表された。自殺を図る女性の多くは、問題が出てくるのは思春期以降だという。 研究グループは、女性は服毒による自殺を試みることが多いが、男性はより致死性の高い方法で自殺を図る傾向があるとしている。

また自殺を図る人々がたどる過程として、男性の78%は8歳の時に、破壊的な気質や、攻撃性、他者への残酷さなど、教師や親にも分かる問題を示すという。 一方で、女性にはこのような傾向が見られず、情緒的問題が出てくるのは思春期以降だった。

4/8niftyニュース引用

フィンランドは自殺大国として知られていたが、1990年の30人/10万人であったものが、、2007年は18人/10万人となって大幅に減少しフランスやオーストリアと同水準となった。因みに日本は23.7人/10万人(2006年)で、フィンランドよりも多い。自殺率が改善した主因として、うつ病治療の改善が挙げられているが、今回の研究成果で特性が少し明らかになってきたようだ。

年代別では若い男性の自殺率は依然として高く、自殺は20歳から34歳の男性における死亡原因の最上位を占めている。また、学校での暴力問題が指摘されており、2007年11月、2008年09月と短期間に連続して10人以上の犠牲者が出る学校内銃撃事件が発生、世界に衝撃を与えた。

フィンランドの学校での暴力の発生率は西側諸国でトップといわれ、社会問題となっている。一方で、日本は年齢が高く成るに従って自殺率が高い傾向(人口動態から見た自殺の状況)にあり、フィンランドの例とはやや異なるようだ。自殺の発生率や発生要因は国民性や国内事情など複合的な要因が絡み合っており、単純比較は難しいようである。

カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2009年4月7日 火曜日

北朝鮮は親切だねぇ〜。

タダだで連れてってくれるらしいよ!                                                                                    

?

北朝鮮は優しい国だねぇ〜。

国民を気遣って、暗いニュースは伝えないらしいよ!                                                                                                                                                                            ? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??

?北朝鮮はポジティブだねぇ〜

絶対に弱音は吐かないからね!                                                                

 ?

北朝鮮は国民を大切にしてるね!

外へ出る時は四六時中、兵隊さんが監視してくれるらしいよ!                                  

 

カテゴリー: Mr.ポジティブ | コメントは受け付けていません。

2009年4月6日 月曜日

タレントの田中義剛さんが経営する「花畑牧場」の超人気商品「生キャラメル」。その偽物を販売したとして、埼玉県のスーパーの加工食品仕入れ担当係長の社員が、不正競争防止法違反の疑いで逮捕、略式起訴された。行列ができる“本家”生キャラメルの人気にあやかろうと手を染めた偽装工作。県警によると、社員は「売り上げのためなら何をしてもよい」と社長から全権を委任された「特命係長」だったというのだが…。

4/6産経新聞記事引用

?

安易に人のアイディアを盗むという遣り方は美しくないですね。少し想像力を働かせれば、すぐにバレることが分かりそうなものです。その辺りが幼稚と言おうか、間が抜けていると言おうか、笑うしかありません。一方でバッタモン(贋物)が出現したということは、「生キャラメル」が世間から認知を得たと考えてよいのでしょうか?

お笑いの物真似にしても有名ブランドにしても、バッタモンのお陰で本物の知名度が益々上がり、注目度はグンと高くなります。この手法を悪用した商法が出てこないことを願うばかりです。皮肉にも、この事件で再び生キャラメルが脚光を浴びそうです。これが世に言う創造利益の賜でしょう。

カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2009年4月5日 日曜日

鉄火丼と鉄砲丼は、どこが違うの!
鉄火丼は美味しいけど、鉄砲丼は食えないねぇ〜。

?

花見がしたいけれど、桜がないね!
ここに咲いてるよ!
君の歯並はとても綺麗だ!八重がとっても可愛らしい!

?

桜はさくら色、桃はもも色!
じゃ、桜田ももは?
ピンクかな?

カテゴリー: Mr.ポジティブ | 2件のコメント »

2009年4月4日 土曜日

全国の生活保護受給者は今年1月時点で161万8543人に上ることが、厚生労働省の集計で2日分かった。前月時点と比べて1万1829人増え、前年同期比では6万1706人増。同省は「雇用情勢がますます悪化した影響を受けているとしている。

4/3毎日新聞記事引用

?

生活保護制度は生活に現に困窮している国民に、その困窮の程度に応じ必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立の助長を図ることを目的としています。困窮に至った理由は問わず、 資産、能力、扶養義務者による扶養等すべてを活用した上でも、生活に困窮する人を対象としています。

現在、支給を受けている世帯は高齢者世帯、母子家庭世帯、傷病・障害者世帯が約90%を占めており、残りの10%に何らかの事情で、仕事に就けない人達もおり、今回は「年越し派遣村」へ行って申請し、保護が始まった人も多く含まれる。一旦支給を受けると中々、抜け出せない現状もあるようで、あくまでも自立のための緊急避難的なものとして、雇用を創出できる抜本的な対策が望まれる。

カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2009年4月3日 金曜日

平成20年中の自殺者は、3万2249人と11年連続で3万人を超えたことが2日、警察庁のまとめで分かった。対前年比で2・6%減少したが、依然高水準で推移している。

4/3産経新聞記事引用

?

原因や動機などの詳細は5月中をめどに発表される予定とのことですが、毎年、健康や経済的な理由が上位に上げられており、景気が一段と低迷する中、今年の景気動向が懸念されるところです。日本は自殺率の国際比較のグラフで見ても分かるように先進国の中では飛び抜けて割合が高い。

米国の自殺率は日本の半分以下ですが、自殺と同様に社会的ストレスを原因の1つと考えられる肥満による死亡は日本とは比較にならないほど高いといわれる。また、世界の自殺と他殺の相関図からも分かるようにアメリカは日本と比較して他殺率がかなり高い。

一方、日本は自殺率は高いが他殺率は世界最低水準である。特にラテンアメリカは自殺率は低いが他殺率が極めて高い。どうやら、ストレスを根源とする死亡原因は色々な形で現れているようで、国内事情も含めて総合的に見なければ、現状が見えて来ないようです。

カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2009年4月2日 木曜日

ある時、養護老人ホームを訪ねる機会があった。玄関先を入ると、職員の「おはようございます」という活気のある言葉が辺り一面に響いていた。身障者の職員も数多く、教えられた通り、指差し確認をしながら清掃作業する姿も見られた。迷った挙句、受付で案内を申し出たところ、「ご自由に見学して下さい」と言われた。「ご自由に!」と言われても、ここは養護老人ホーム、要領を全く得ない。どうしたものか?

 
思いを廻らせながら廊下を歩いていると、奥の休憩室で、3人のお年寄りがテーブルの前で、ぼんやりしている。世間話をしながら、ホームの事情を聞いてみようと思い隣の席に座った。好意を持って受け入れられると確信して話し掛けたところ、反応が鈍く、思惑は見事に外れた。「いつも、何をしているのですか?」と問い掛けると、「こうやって、ボッとしているか、雑談、若しくは尻取りゲーム」が日課だという。「尻取りゲームか?それは面白い!」と応えると、「たまに遣るのは面白いが、毎日だと飽きる」という。確かにそうかも知れない。

そうこうするうちに、メンバーが増えて、私を含めて7名ほどになり、「尻取りゲームを遣ろう!」ということになった。慣れていることもあって、最初はポンポンと答えが出た。いつも遣っているからマンネリ化していて、まるで、お経か御詠歌のようだ。何とかして場を盛り上げなければと思い、話題性を重視、「あ」のところで、「麻生太郎」と言ってみた。少しだけ湧いたが、あとは惰性である。

老人ホームで見たものは、職員の異常なまでの活気と利用者の覇気の無さとの大きなギャップである。要するに仕事を持って、他人の役に立てていることが生き甲斐に繋がり活力を生み出す。ホームで世話に成ることは、受身でしかなく、何不自由はないが、精気を吸い取られてしまう。誤解を恐れずに言えば「生き永らえているだけ」のように見える。「人間、働けるうちが華」とつくづく思い知らされた。

職員の方々の献身的な努力で、利用者の安心と安全は保たれており、頭が下がる思いだ。人は他人の役に立てた時に生き甲斐を感じて、幸せを実感できる。現場をよく知らずして、「体が不自由なお年寄りに何をさせるのか」とお叱りを受けるかも知れないが、一日の僅かな時間で良いから、生きる実感を持てるような施策があっても良いのではないかと感じた。これまで日本の社会を支えてくださったお年寄りに報いるためにも、人生で一番大切な時間を過ごすに相応しい、生き甲斐を見出せる場であって欲しいと思う。

カテゴリー: エッセイ | コメントは受け付けていません。

2009年4月1日 水曜日

所属する愛知県調査業協会(上部組織:NPO全国調査業協会連合会)では、協会未加入業者を含めた研修会を予定しています。今回、探偵業届出業者を把握するため、情報公開制度を利用して、愛知・三重・岐阜の各県警本部に情報開示の申請手続きをさせて頂きました。

各県警ホームページの情報公開ページより、書式をダウンロードして、郵送もしくはFAXまたはネットで簡単に申請ができます。全国市民オンブズマン連絡会議がまとめた第12回全国情報公開度ランキング(H20.3)によれば、各県の情報公開度の評価は愛知県警と岐阜県警が共に3位(ポイント20/39)で、三重県警が31位(14/39)となっています。

三重県警のケースは、トップページからサイト内の情報公開ページに容易に辿りつけ、一般的な情報は簡単な手続きで閲覧できるようになっており、システム的にも改善されているようです。情報公開は今迄でには考えられない、ありがたい行政サービスです。今後も必要に応じて活用させて頂きたい思います。

カテゴリー: エッセイ | コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて