Menu

個人のお客様

法人のお客様

QRコード

あなたは一人ではありません。~より良い解決方法を一緒に考えましょう~

ブログ

2012年1月 のアーカイブ

2012年1月31日 火曜日

■ご依頼の経緯
ご依頼者は自営業の夫40歳、対象者は妻28歳、2人の間には5歳の子供があった。対象者は家事と子育てに専念し、夫の両親と同居をしていた。対象者は生来、自由奔放な生き方を好むタイプで、何かと気遣いの多い生活に辟易し、限界を感じていた。身近に心を開ける親族や友人が居ないことに端を発して、携帯メールやゲームを吐け口とする日々が続いていた。次第に家事や子育てが疎かに成り、危険信号が灯り始めた矢先の事件であった。朝早く置き手紙を残し、子供を連れて失踪。置き手紙には「探さないで。」とだけ書かれていた。

 

■調査経緯
僅かな衣類だけを持ち、お金も少額しか持っていないことから、誰かを頼って家出した可能性が高い。頻繁にメールを遣り取りしていたことから、出会い系メールで、知り合った男性の元へ家出した可能性が考えられ、置き手紙の内容からも覚悟の家出であることが推察される。残された所持品を精査する中で、3ヶ月程前に携帯電話からスマートフォンに機種変更していたことが判明。若しかしたら、前に使っていた携帯電話が残っている可能性がある。運よく、小物入れの奥から、使用済みの携帯電話が出て来た。大半のデータは削除されていたものの、出会い系男性と思われる遣り取りのメールが残されていた。どうやら、相手男性は長距離トラックの運転手。その男性を頼って家出した可能性が強い。同男性の身元が判明して、居住先のアパートを張り込み調査したところ、アパートを出入りする対象者を確認し、引き渡しに至った。

 

■ご依頼者の後日談
妻との話し合いの結果、離婚をして、子供はご依頼者が引き取ることに成った。妻は嫁舅問題や生育環境の違いから、居場所が無かったかも知れない。しかし、庇いきれない言動が続き、夫側と嫁という対立構造が日常化していた。妻は子供の親権を強く主張したが、相手男性の身上調査の結果を見る限りは、とても安心して預けることができないと判断した。

 

■探偵のつぶやき
夫婦関係が希薄な上に嫁舅問題。居場所のない妻は出会い系サイトに走る。いつも犠牲者は幼い子供達である。危うい火遊びの果てに、土手からすべり落ちて急流に呑み込まれることある。必死の覚悟で体勢を立て直し、助かったと思って、土手の草に手を掛けた瞬間、スルリと抜けて下流に追い遣られる。もがけばもがくほど、状況は悪くなるばかりで、心休まる場所が見付かることを願うばかりである。

 

By名古屋の探偵社 アズ・トラスト

カテゴリー: 調査事例)家出・所在 | コメントは受け付けていません。

2012年1月28日 土曜日

■ご依頼の経緯
ご依頼者は会社員40歳、妻は36歳で1人の子供がある。ご依頼者の会社は景気低迷の影響下で、賃金の抑制や残業カット等により、年収が激減した。妻は家計を助ける意味で、夫の反対を押し切り時間給の高い夜10時から午前1時まで、深夜の飲食店のアルバイトに従事するようになり半年が経過した。勤務を1時に終えれば、遅くとも1時半には帰宅出来る筈。ところが、時々、2時、3時、遅い時には4時頃に成ることもあるという。不審に思ったご依頼者は、妻の退社後の行動について、知りたいとの理由で依頼を受けた。

 

■調査経緯
調査初日、閉店30分前より調査を開始。店内で、ハツラツとして明るく振舞う対象者を確認した。後片付けを済ませ、1時過ぎに店内から出て来て、使用車に乗車。エンジンを掛けたまま、携帯電話を操作している様子で、中々、動き出すことなく、15分後に発進した。ところが、自宅とは逆方向へ走行、自宅方向に向かったかと思えば、通り過ぎて、グルグルと大回りをして、深夜のコンビニに立ち寄った後、午前3時過ぎに帰宅した。同じような行動が続いた5回目の指定日。対象者は勤務を終えるといつもとは違う経路を辿って、人気のない倉庫の駐車場に入った。その横にはエンジンの掛ったままの車が停車していた。何とその車はアルバイト先の駐車場で見掛けた車であった。車から降りた対象者は、横の車の助手席に乗車した。辺りは漆黒の闇で車内の様子を窺うことは出来ない。1時間ほどして、ルームライトが点灯して、運転席に男性らしき人物が浮かび上がった。その後、しばらく話し込んでいる様子であったが、対象者は相手男性の車から降りて、別々に発進した。調査班は相手男性の身元を判明するために、男性車の尾行に切り替え、相手男性の居住先アパートが判明した。

 

■ご依頼者の後日談
若しかしたらと思っていたところに男性の影が明らかに成ったことにショックを感じている。子供のためにも離婚するつもりは毛頭なく、何とか修復の道を模索したい。妻の異常とも思える行動にだたただ驚くばかりで、この先、どう寄り添って行けば良いのか全く見当がつかない。引き続き、アドバイスをお願いしたいと懇願された、

 

■探偵のつぶやき
何はともあれ、想定外の行動に戸惑いさえ感じた。家庭内別居状態が永く続いていて、夫婦関係は芳しくないと聞いていたが、まさか、ここまでとは・・・。少しでも顔を付き合わせたくないとする帰宅拒否症候群にも似た心理状態が見て取れた。家計を助ける理由で就いた筈のアルバイトが、実は息詰まる夫婦関係のハケ口であったとは・・・・・・。忙殺の日々に紛れて、妻の悲鳴は俗世の騒音にかき消されてしまったのか。男性との出会いは偶然の副産物であったかも知れない。

 

By 名古屋の探偵 アズ・トラスト

カテゴリー: 調査事例)浮気・行動 | コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて