Menu

個人のお客様

法人のお客様

QRコード

あなたは一人ではありません。~より良い解決方法を一緒に考えましょう~

ブログ

‘探偵業’ タグのついている投稿

2011年2月19日 土曜日

?写真素材 PIXTA

?

?

生活保護の不正受給と認定された件数が09年度、全国で約1万9700件と過去最多になる見込みであることが厚生労働省や自治体などの調べでわかった。

?

長引く不況の影響が背景にあるが、不正の内容は、多くの自治体で、収入の無申告とみられる。

?

09年度の生活保護費の国と地方の負担分の総計は過去最高の3兆72億円に達する。

?

日本はいつから、社会主義国に成り下がってしまったのか、この体たらくに憂いを感じる。?

?

不正受給に歯止めを掛けるためには、受給者が受給の要件を満たしているか、確認する必要がある。

?

我々、調査業者に、その確認を任せて頂ければ、確実に成果を出すことが出来ると確信する。

?

個別に調査をすると発表されただけで、不正受給が3分の1以下に減少するのではないかと容易に想像がつく。

?

(c) Ryo.WATANABE写真素材 PIXTA

タグ:,
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2011年2月1日 火曜日

?写真素材 PIXTA

?

?

少年が非行に走る社会的要因について、「携帯電話やインターネットの普及で、簡単に見知らぬ者に出会える環境」を挙げる人が6割を超えて最も多いことが、「少年非行に関する世論調査」でわかった。?

?

日々、相談を受ける中で、男女の出会いのきっかけが、携帯電話などの出会い系サイトであることが、著しく増えている。

?

我探偵社も、その実態を日々、肌身に感じながら、トップページにイメージ化して、表現した経緯がある。

?

世界が広がり、見知らぬ異性との交流が増えることを否定することはないが、質より量を求める傾向に危うさを感じる。

?

便利な物を使いこなすことは、現在人の必須かもしれないが、それは単なる道具であって、善悪までは判断してくれない。

?

中にはその利便性を悪用して、興味本位の人達を金儲け目的で、陥れるケースも少なくない。

?

包丁も使い方一つで、凶器にも成る。ネット社会が悪いのではなく、上手な使い方を一人一人が考える必要がある。

?

(c) GOETHE写真素材 PIXTA

タグ:, ,
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2011年1月18日 火曜日

写真素材 PIXTA

?

?

「アナログ」とか「デジタル」という言葉を良く耳にしますが、電気工学的には「アナログ」とは連続的な体系、「デジタル」とは離散的な体系という意味合いがあります。

?

調査手法に置き換えて考えると、「アナログ的手法」と「デジタル的手法」が程良く、入り混じって、一昔前とは大きく様変わりしたように感じます。

?

?
浮気調査のケースでは、対象人の勤務先から退社を確認し、途中、異性との接触、不貞行為、相手の居所を見失うことなく、連続的に確認しなければ、完璧な報告書が成立しませんでした。

?

これは、正に伝統的なアナログ的手法と言えます。ところが、近年は調査手法の高度化に伴い、場合によっては、長時間の張り込みをしなくとも、異性との接触を確認し、不貞行為を突き止めるという神業が可能となりました。これが、世に言うデジタル的手法です。

?

?
一方で、内偵調査のケースでは、家出人の捜索を例に取って考えた場合、勤務先の同僚や知人、関係者などの聞き込みからの情報を手繰って行くと、本人の居所に辿り着くというシナリオが、まるで「金田一耕介」に成ったかのような気分で心地良く醍醐味でした。

?

ところが、実際の現場では、何らかのデータ検索から、ひょっこりと手掛かりが現れることが、往々にしてあります。所謂、アナログ的な情報一辺倒であったものが、年を追う毎にデジタル情報の有用性が増している現状があります。

?

?
ここで気を付けなければならないことは、安易にデジタル的な情報だけに偏った場合の落とし穴です。内偵調査の場合、デジタル的な点の情報は無機質で意味を持たない場合がありますが、点と点を結んで線にすることで、付加価値の高い情報にすることが出来ます。

?

探偵業法が施行され、個人情報保護が叫ばれる昨今、社会的ニーズは多様化して、私たちの活動の場は広がっています。
世の中には警察が直接、関わることの出来ない、民事の案件が山ほどあります。

?

先頃も、病に苦しむ両親に言葉巧みに近付く、自称占い師の女性の実体を明らかにして欲しいとの案件がありました。このケースでも、データ検索から上がった個々の2つの情報が、聞き込みを重ねるうちに繋がりました。

?

配偶者は自己破産、実家の財産を奪われた後、謎の死を遂げていることが分かりました。そして、周辺では過去にも同じことを繰り返しているとの話がまことしやかに噂されていました。

?

これは、若しかしたら、連続殺人事件ではないか?「火の無い処に煙は立たない」というからには、少なくとも妄想ではありません。点と線と言えば、「松本清張」の代表作ですが、正に調査とは点と点を結ぶ地道な作業。「アナログ」と「デジタル」の融合が調査を征すると言っても過言ではありません。

?

?
一方で、IT関連業界やファンドの実業家、日産のゴーン氏や小泉元首相などに代表され、時代の寵児としてもてはやされた人達は、デジタル的な思考が強いように感じます。いずれも、共通点は何らかの結果を残していることです。

?

反面、人間的には何故か、割り切り過ぎていて、冷たい印象さえ感じます。時代は正に変化していて、従来のアナログ的な発想だけでは、無駄が多く、結果を残せないことが顕著に成っています。

?

ところが、デジタル的な発想だけで上手く行くかと言えば、決してそうではありません。人間関係がギスギスして、目的にしか価値を見出せない面白くない世の中に成るでしょう。

?

どちらが優位かではなく、アナログとデジタルがバランス良く融合した思考を持つことが、これからの社会に求められているように感じます。

?

(c) non写真素材 PIXTA

タグ:
カテゴリー: エッセイ | コメントは受け付けていません。

2011年1月14日 金曜日

?写真素材 PIXTA

?

昨年末、ウィキリークスが話題と成り、「知る権利」か「機密保持」かで、問題を提起した。個人的にはいくら何でも国家機密とされる情報を誰でも閲覧できる状態に置くことに違和感を覚える。しかし、メディアを利用してメッセージを発信し、自らの正当性を主張しようとしている姿勢は、参考にすべきところがある。

?
調査業に置き換えて考えてみた場合、社会に有益な職業でありながら、社会認知に乏しく発信力がないことに忸怩たる思いで一杯である。そこには、我々自身の業界に対するビジョンが欠けているようにも感じる。

?

調査業は警察が扱うことが難しい「安心」・「安全」に関わる民事の案件を主に扱っている。人の人生を左右する問題が多く、時には生死に関わることさえある。これ程、重要な業務を担っているにも関わらず、社会的評価が低いのは何故だろう。一つには業界全体の質の問題が考えられる。研修や教育指導を通じて人材育成が急務であり、真の自助努力の必要性を痛感する。

?

探偵業法が施行されたことは、業界にとって大きな前進である。しかし、その後は受け身の姿勢に終始して、業界の正常化が進んでいない。調査の仕事は正当な理由があって、その情報を必要としている人に限定して情報を提供している。決して、興味本位の大衆に個人情報を提供しようとしている訳ではない。ところが、近年は「個人情報保護法」の厚い壁との鬩ぎ合いに終始する現状がある。

?

突然、失踪した息子の捜索を両親から依頼された場合などは個人情報保護法の壁が一番の障害となることがある。調査過程では出来る最大限の努力はするが、以前と比較して、調査範囲が制限されていることは否定できない。

?

両親が探しているにも関わらず、息子の安否を知ることさえも阻もうとする「個人情報保護法」とは一体何者か。成人している場合は、自己責任とは言え、簡単には承服できない。この息子に会って承諾を得たいところであるが、それが叶わないところが悔しい限りである。自らの判断で失踪した過程には、それなりの事情があるのだろうが、時間経過と共に心の中では、探して欲しいと願っているかも知れない。

?

失踪後には、過去の事例から見ても自殺の可能性は少なくない。失踪の身であるが故に再生のチャンスを失い、人生の落後者となるケースも予測される。依頼者の心痛を考えると、「個人情報保護法」が個人の生命や再生の手助けよりも優先されている現状に、理不尽な思いがして憤りを感じる。そんな、思いに甘んじている現状を業界が団結して、突破できる日を夢見ている。

?

(c) ロタ@ロンドン写真素材 PIXTA

タグ:
カテゴリー: エッセイ | コメントは受け付けていません。

2010年10月27日 水曜日

写真素材 PIXTA

?

ネットの闇サイトで入手した偽造運転免許証を悪用、他人に成り済まして契約したクレジットカードでキャッシングをしたとして、詐欺容疑など男を逮捕した。

?

この男はキャッシングや買い物を繰り返し、被害総額は約1200万円に上る可能性があるといい、道警が裏付け捜査している。

?

昨年8月〜今年4月、不正取得した偽造免許証を使い、他人に成り済まして複数の銀行口座を開設、カード契約したという。

?

免許証は、闇サイトを通じて偽造を請け負う人物に、他人の写真と個人情報を送り、10万〜20万円を支払って取得。

?

他人の情報は、うその求人をネットに出し、実際に面接したり履歴書を出させたりして約100人分を手に入れたという。

?

他人の情報を入手するために面接をして、履歴書を出させたあたりは巧妙と言えるが、言いたくない。

?

永年の探偵稼業の成果。幸か不幸か人を疑ってみる悪い癖が身に付いてしまったことは否めない。

?

しかし、疑心暗鬼になって、「人を見たら泥棒と思え」などという教えが一般化するような社会には成って欲しくない。

?

教えるとすれば、世の中にオイシイ金設けには必ず裏がある。オイシイ話は疑えということだろうか。

?

(c) mapekou写真素材 PIXTA

タグ:, ,
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2010年10月2日 土曜日

写真素材 PIXTA
?

?

別れさせ屋の別れさせ行為が公序良俗に反すると言われながら、何故良くないのか判然としない。そこで、色々と素人なりに法律を紐解きながら問題を提起してみた。

?

大阪弁護士会の有志でつくる「探偵・興信所問題研究会」は人の感情を操作すること自体、成功する保証が疑わしい。「警察が探偵業法を駆使し、対処すべきだ」との見解を示している。

?

しかし、探偵業者が遣っているからと言って、探偵業務でないものを探偵業法で規制しても、探偵業者でないものは規制されないこととなる。

?

これは民法上で、確りした法的根拠を持って、「何人も別れさせ工作を依頼し、営んではならない」とすべきである。

?

■別れさせ行為を想定すると、大きく分けて以下の2つパターンが考えられる。

?

1.配偶者(内縁関係・恋人を含む)が愛人を作った場合に、平穏な生活を取り戻すために、別れさせ屋に依頼して、その愛人から配偶者(内縁・恋人を含む)を取り戻す。

?

夫婦は互いに貞操義務を負うと考えられており、民法770条1項1号において、不貞行為は離婚原因になるほか、不貞行為の相手方に慰謝料を請求できると定めています。

?

従って、法律に従って、不貞の証拠を示して、離婚を前提に慰謝料を請求する場合には何ら問題はありません。

?

ところが、経済事情や子供の養育を含めて、何としても別れることが得策でないと考える健全な考え方があります。

?

その時、一番良い方法はと考えた時に、配偶者の相手に異性を近づける工作をして、配偶者から愛人を引き離し、交際を諦めさせることが考えられます。

?

これが別れさせ工作です。

?

?一見、正当なようにも見えますが、「自力救済」の禁止という考え方に該当するのではないでしょうか?

?

民法のなかで自力救済を規定した条文は存在しませんが、通説・判例は原則禁止の姿勢をとっています。

?

法律構成としては、占有訴権について定めた民法202条第2項を適用し、どのように入手されたものでも(盗んだものであっても)ひとたび占有された以上占有権が発生し、それを自力で奪い返すと占有権侵害となって不法行為により損害賠償請求権などが相手側に発生する。

?

原則として、これを取り戻すためには法的根拠と司法手続が必要となる。

?

こうした自力救済を容認すると、力が正義ということになり、実力行使を請け負う私的機関、時には暴力団の介入がはびこって社会秩序の維持が難しくなるためとされる。

?

近代化にともない、権利のあるなしの判断や執行は裁判所によってなされるべきとされ、私人の介入を排除しています。?

?

配偶者でないもの(内縁関係や恋人)が、法的な根拠もないところで、感情の趣くまま、占有権を主張して、自力救済を求めることも、法的に許されないことです。

?

2.配偶者(内縁・恋人を含む)と別れたいけれど、正当な理由が見当たらないことから、別れさせ屋に依頼して、不貞行為を作為的に工作し、離婚理由を作り上げる。

?

離婚は両性が合意すれば成立しますが、一方のみが離婚を求めた場合、家庭裁判所に調停の申し立てをし、それでもうまくいかない場合は裁判を起こすことになります。

?

離婚裁判を起こせる理由としては、結婚生活を継続し難い理由として民法第770条に規定されています。
1.配偶者が不貞行為をした場合
2.配偶者に悪意をもって遺棄された場合
3.配偶者の生死が3年以上不明の場合
4.配偶者が強度の精神病で、回復する見込みのない場合
5.その他、重大な理由がある場合(DV、ギャンブル、宗教への極端な傾倒、性の不一致、アルコール中毒、借金苦など)

?

両性の合意がない限り、相手が嫌いで一緒に生活をしたくないという理由では離婚は成立しません。

?

そこで、4〜5に当てはめることは、かなりリスクが高いことから、1を実行することが適当ということでしょうか?

?

しかし、配偶者は不貞行為を自ら望んでいないにも関わらず、離婚理由を作り出す目的で、意図的に不貞行為を作り上げる訳ですから、それは詐欺行為とも言えます。

?

その行為を業者が手助けしたとすれば、詐欺の実行を間接的に幇助したことに成ります。

?

不貞の証拠が示され、離婚裁判ともなれば、慰謝料という名目で金銭の搾取も可能と成ります。

?

悪用を考えるとしたら、資産家の老紳士と財産目的に結婚した後、別れさせ屋を利用して、美人の女性を近づけます。そして、不貞行為の証拠を示して、離婚裁判に持ち込み、離婚を成立さると共に多額の慰謝料を合法的に手に入れることが出来ます。

?

(c) nogu写真素材 PIXTA

タグ:,
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2010年9月21日 火曜日

写真素材 PIXTA
?

?

違法性が高いとされながら法規制がない探偵業者の「別れさせ行為」に対し、業界や警察当局が警戒を強めているという。

?

別れさせ行為は探偵業法の適用を受けないが、浮気調査と連動して探偵業者によって行われてきた実態がある。

?

ニーズがあるからとして、他人の恋愛感情を工作して弄ぶことに違和感を覚え、公序良俗に反するとも思える。

?

とは言え、明確にアウトと言えるだけの論理構成も見当たらない。この辺りが混沌として規制が進まない理由であろう。

?

広告媒体はネットが主体でると思われるが、掲載中止を決めたヤフーでさえ、検索の網にいくつも掛ってくる。

?

大阪弁護士会の有志でつくる「探偵・興信所問題研究会」は人の感情を操作すること自体、成功する保証が疑わしいと語る。

?

「警察が探偵業法を駆使し、対処すべきだ」と見解を示しており、一見、妥当で実効性の高い意見のように聞こえる。

?

しかし、冷静に考えてみるに探偵業務でないものを探偵業法で規制しても、届が無い者は適用を受けないことになる。

?

これは、若しかして明確な法的な根拠を見出さない限り、規制はかなり難しいのではないかと感じる。

?

(c) YoDa写真素材 PIXTA

タグ:
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2010年8月26日 木曜日

写真素材 PIXTA

?

改正貸金業法が6月に完全施行され、法人、個人の貸金登録業者数は昭和61年3月、47,504社をピークに平成22年4月は3,907社に激減している。中でも小規模の都道府県登録が約1/13にまで減少している。

?

銀行、信用金庫、郵便局が扱わなかった、小口でリスクの高い金融をこれらの業者が担ってきた。

?

しかし、高利貸しと言う言葉に代表されるような経営実態が定着したまま、今日を迎えたことは残念だ。

?

再起のために、小口のお金を必要としている人達は数多くおり、個人向けの小口金融の必要性は大きい。

?

残念なことに、経営実態は個人の再生ではなく、貧困ビジネスに似た実態があったことは否めない。

?

世の中の趨勢に馴染めないビジネスは淘汰される。これは、どの業界にも同じことが言える。

?

我々の探偵業にも同じことが言える。困った人の手助けをしていると言いながら、依頼者を泣かせていないか。

?

本当に世の為、人の為に成っているのか。世の中に必要とされるビジネスは必ず何処かで生き残る。

?

信頼され、発展するか否かは社会に認知をされるだけの、正しい認識と大きな志を持たなければならない。

?

日々、社会正義の実現とビジネスとの融合に向けて、本質と理想を追及しながら葛藤を続けている。?

?

(c) ロタ@ロンドン写真素材 PIXTA

タグ:,
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2010年7月16日 金曜日

写真素材 PIXTA

?

警察庁のDNA型データベースに誤った情報を登録し、窃盗容疑で無関係の男性の逮捕状を取った問題で、科捜研が並行して進めていた別人の鑑定の資料を取り違えたミスが原因と分かった。

?

人が遣る限りにおいて、単純ミスは起ころうる。警察庁も当然、ミスを想定して、それなりの対策を打っていたと思う。

?

それでもミスが起きた。今後、鑑定員を増員したり、時間をずらして複数回数実施するなどの対応策を講じるという。

?

限りなくゼロに出来ても、無くならないのが単純ミス。万が一、ミスが起きた場合の的確な対応が重要なポイントであると思う。

?

DNA鑑定を過信しない、経験と勘の裏付け捜査が重要になって来る。我々の探偵業にも同じことが言える。肝に命じたい。

?

(c) ぽちさん写真素材 PIXTA

タグ:,
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2010年7月3日 土曜日

?写真素材 PIXTA

?

愛知県下では気の合う2〜3人でミニバイクなどを乗り回す、暴走族の活動が再び活発化しているという。

?

そう言えば最近、夜中に独りや2〜3人で爆音を鳴らしながら走るミニバイクを良く見掛ける。

?

煩い迷惑、いい加減にしろと思いながらも、威圧感がないことから、暴走族という認識はなかった。

?

もはや、独りになると暴走族とは言えない。寂しい背中で風を切る暴走野郎というところだろうか。

?

少人数化した彼らからのメッセージは伝わりにくい。思わず、尾崎豊の15の夜の歌詞を思い出した。

?

盗んだバイクで走り出す 行き先も解らぬまま
暗い夜の帳りの中へ
誰にも縛られたくないと 逃げ込んだこの夜に
自由になれた気がした 15の夜

?

彼らは爆音を立てることで、唯一存在感を示しながら、当てもないまま、拗ねているようにしか見えない。

?

探偵業の尾行時に渋滞時間などは、バイクが有効であるが、マフラーを外した改造車だけは頂けない。

?

(c) 眠不乃人写真素材 PIXTA

タグ:,
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2010年7月2日 金曜日

P1010511?

?

?

?

?

?

人探しの中に所在調査というものがあって、一般的なケースは以下の1〜6のようなものに代表される。

?

家出調査の対象人が現在、親族関係にあることに対して、肉親以外(過去に肉親のケースを含む)であることが、特徴的である。

?

いずれも切迫した状況や熱い思いが伝わってきて、何としても期待に応えたいと士気が高まる。

?

  1. 50年前に訳あって別れた恋人に死ぬ前に一目会いたい。
  2. 30年前に両親が離婚、離れ離れになった肉親に再会したい。
  3. お世話になった恩師や同級生に会ってお礼を言いたい。
  4. その人の口から、真実を聞きたい事情があって、探して欲しい。
  5. 金を貸した相手が突然、姿をくらましたため探したい。
  6. 遺産相続のため、親族の住所を探したい。

?

ところが、年々増える傾向にあるのが次ぎよううなケース。何となく、デートDVやストーカーの匂いがして、依頼を受けるにあたって、慎重に目的や背景を確かめなければならない。

?

  1. 交際のあった女性が突然、連絡が取れなくなり探して欲しい。
  2. 通い詰めた風俗の女の子が突然に店を辞めて探して欲しい。

?

調査には「3つの安全」と言う原則があって、「依頼者の安全」、「対象者の安全」、「情報提供者の安全」が保たれることである。

?

依頼を受けたからには、どんな手法や口述を使ってでも、探し出す姿勢は、後に事件や対象者の不幸の手助けをすることに成りかねない。

?

探偵業法では、調査結果を犯罪行為、その他差別的行為、違法な行為のために用いないことを誓約する、念書を取ることを義務付けている。

?

ところが、念書を取ったから、後は依頼者の自己責任という訳にも行かない。きちんとした聞き取りの中で、確りとした判断をしなければならない。

タグ:, ,
カテゴリー: 探偵・調査 | コメントは受け付けていません。

2010年7月1日 木曜日

写真素材 PIXTA

?

中国残留孤児だった日本人の親族として来日した中国人48人が、入国後の扶養者である身元引受人を調査しないまま、うち32人の生活保護の受給開始を決定していたことが分かった。

?

経済的に逼迫している難民を国際的な見地から、理由の如何を問わず、緊急避難的に援助することは必要かと思う。ところが・・・・・。

?

どう考えても作為的な匂いがプンプンするのも関わらず、調査もせずに、いとも簡単に生活保護の受給を認めたことは頂けない。

?

大阪市は生活保護者が増え過ぎて、緊急事態というのに何とノー天気か。変化球に弱い役所の盲点を突いたムチャ振りぶりか。

?

入国管理局と大阪市役所の見解には相違があるようだが、今のところ真相は見えてこない。

?

書類さえ整っていれば、実体はどうであれ二の次とする、役所仕事の典型のように見える。

?

調査を専門とする我々、探偵業者の目からからすれば、無神経な対応をもどかしく感じる。

?

(c) Mr.Ruby写真素材 PIXTA

タグ:, ,
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2010年3月27日 土曜日

?写真素材 PIXTA
?

?

「既婚と知りながら夫と不倫を続けた」として、妻が交際相手の女性に200万円の慰謝料を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は、妻の請求を棄却した1審・大津地裁判決を変更し、女性に100万円の支払いを命じた。

?

一般的には違法に収集した証拠は証拠として採用が認められません。今回は微妙な判断と言わざるを得ませんが、今後の裁判の判例として影響を与えることは必死です。

?

(c) にこまる写真素材 PIXTA

タグ:,
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2010年3月25日 木曜日

写真素材 PIXTA

?

????
大阪府箕面市議会は25日、住民同士のつながりを強化するために名簿作りを奨励する「ふれあい安心名簿条例」案を賛成多数(15対9)で可決した。

?

個人情報保護法への過剰反応から、緊急時に必要な名簿作成さえ、躊躇せざるを得ない事態が各地で発生しています。組織や住民のコミュニティーがズタズタにされ、個人を重視するあまりに匿名社会を助長するかに映ります。

?

世の中はどうなってしまうのだろうかと一抹の不安を感じていましたが、一筋の光が見えた気がします。条例まで作らなければ対応できない個人情報保護法とは一体何者でしょうか?如何に苦肉の策であったかが想像できます。

?

この法律によって、経済活動や市民活動に戸惑いと支障を来たしていることは事実です。個人情報を守ることと、個人情報の有効活用を比較考量してバランスに配慮すべきです。

?

私たちの業界にも多くの波紋も呼んでいます。その一つに法律の施行以来、調査は違法と勘違いする人さえ現れました。声をにして言いたい。個人情報保護法は調査を禁止する法律ではありません。

?

今回、箕面市では条例を作って対応しましたが、本来は法律改正もしくは運用基準の見直しで対応すべき問題です。他にも条例で対応している地域はありますが、今回の箕面市の良識ある判断は国に対する警鐘であると受け取るべきではないでしょうか・・・。

?

(c) ぱぱ?ん写真素材 PIXTA

タグ:,
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2010年3月17日 水曜日


tt00

契約時には「探偵業届出証明書」の交付を受けている業者であることをご確認ください。

?

?

愛知県公安委員会に届け出ず、身辺調査などの探偵業を営んだとして、県警は17日、名古屋市南区元塩町、元探偵事務所経営竹田勝彦容疑者(38)を探偵業法違反(無届け営業)容疑で逮捕したと発表した。

3/17読売新聞記事引用

?

探偵業を営業するには所轄の警察署に届出が必要で、知らない筈はありません。この男性は届出することに何を躊躇したのであろうか?

?

探偵業の届出業者の中には損害保険調査などのように、その業務に限っては届出する必要はないが、万が一の為として届出をされている良心的な業者も数多くおられます。

?

一つ気に成っていることは、愛知県内で便利屋業を営んでいて、ホームページ上の営業品目として、尾行、張り込み、身上調査などを謳っているところがあります。届出が必要であることを問い質してみるとご存知ではあるが、深くは認識していない様子。

?

愛知県調査業協会では、今後、便利屋業者を中心に探偵業務を営むには、届出が必要であることを確りと広報し、届出がないにも関わらず、営業品目として謳っている業者には改善を求めて行きたいと考えています。

タグ:,
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2010年3月11日 木曜日


別れさせ屋について

?

探偵業の男が別れさせ屋の業務を行った果てに殺人を犯し、懲役15年が言い渡されました。残念なことに先日来よりメディアを賑わしています。

?

別れさせ屋の業務は探偵業の業務ではありません。また、我々、業界団体は、別れさせ屋の業務を探偵業が行う業務であるとは考えていません。

?

一部の探偵業者により、探偵業の真の目的が歪められた形で伝わることに憤りを感じています。今回、同じ認識を持つ全国調査業協会連合会と全国調査業協同組合はその決意を上記のメッセージに託して発信しています。

タグ:,
カテゴリー: 広告・宣伝 | コメントは受け付けていません。

2010年3月3日 水曜日

?写真素材 PIXTA

?

違法性が高いとされながら法規制がない「別れさせ屋」について、30都府県の警察が「探偵業法」で規制可能と判断していることが、読売新聞の調査でわかった。

3/3読売新聞記事引用

?

別れさせ行為に対してニーズがあることは事実です。かと言って、探偵業のカテゴリーにない業務を探偵業の届出を出している業者が堂々と行っている現実に違和感を覚えます。

?

調査とは事実を確認し、報告するところにあります。ニーズがあるからと言って、作為的に工作して人の行動を誘導する行為は関心しません。

?

業務の成り行きからして、別れさせ屋=探偵業者であることも事実です。しかしながら、探偵業を正業としている業者にとっては、胡散臭いイメージがいつまでも付き纏って迷惑な話です。

?

お金を貸した相手が失踪して所在を突き止めるケースがあります。この場合、その後に債権回収の手伝いをしたとすれば、違法行為にあたります。別れさせ行為は明らかな違法行為とは言えませんが、これに類似するものを感じます。

?

今年の6月に「探偵業の業務の適正化に関する法律」の制定から3年を迎え、業法の見直しが検討されます。業界に対する不必要な誤解が、法の縛りに繋がらないことを願います。

?

(c) YoDa写真素材 PIXTA

タグ:
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2010年2月5日 金曜日

写真素材 PIXTA

?

政府は5日、昨年1年間に組織犯罪摘発のため通信傍受を実施したのは7事件(前年11事件)で、逮捕者は33人(同34人)だったと発表した。2000年の通信傍受法施行以来、逮捕者は計200人となった。

2/5中日新聞記事引用

?

通信傍受法案が議案として提案された当時は、通信の秘密を侵す怖れがある、監視社会に成るなどの問題点が指摘されて、物議を醸しましたが、法案施行後は話題となることもなく忘れられた存在となっていた感がします。

?

過去に同様の発表があったが否かは不明ですが、今回のように公表出来る範囲で、発表があることによって、国民との間に信頼関係が生まれるような気がします。

?

探偵業では、通信の傍受(盗聴)は法的に許されていませんが、個人宅等における盗聴器の設置の有無を確認する業務(盗聴器発見業務)を請け負っています。

?

近年は一般消費者が通信販売等で容易に盗聴器を手に入れることが出来るため、ストーカー行為を目的として、仕掛けられるケースがあります。もし不安を感じられることあがあれば、気軽にご相談ください。

?

(c) CHIRO?写真素材 PIXTA

 

タグ:, ,
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2010年2月3日 水曜日

写真素材 PIXTA


登校中の児童にクイズを書いた紙を手渡す西野信雄さん。「今日の問題ちょうだい」と子どもが次々に集まってくる(京都市左京区)「手術室で活躍するのは男性と女性どっち?」―。松ケ崎小(京都市左京区)の登校時の見守り活動をする男性(58)が、毎朝児童にクイズを出す「クイズのおっちゃん」として人気を集めている。

2/3京都新聞記事引用

?

小学生の登下校時に鮮やかな色のウィンドブレーカーを着た中高年の姿をよく見掛けます。地域の防犯活動をボランティアで支えようと献身的に集まった人が多く、日頃のご活躍に頭が下がります。

?

登下校時に見守って下さるだけでも「ご苦労様!」と感謝したいが、声を掛けるだけでは子供との仲が深まらないとして、コミュニケーションの取り方を工夫をする「おっちゃん」まで現れました。

?

良かれと思って遣った事が、誤解されたり、無視されたり、親から苦情がでないかと躊躇してしまいそうですが、この「おっちゃん」は子供を扱い慣れているのか、信頼関係も確りと出来て、今では毎朝、子供たちが楽しみにしているそうです。

?

昨今は、学校付近に中高年の変質者が出没するなどの話をよく耳にしますが、こんな「おっちゃん」が出没するのであれば、文部科学省推薦で、眠たい朝も楽しくなりそうです。

?

永年の調査活動の中で強く感じることは、地域のコミュニティーが年を追う毎に希薄になっていきていることです。隣人の名前も分からなければ、顔も見た事もないということが当たり前になっていることです。

?

これは実は怖ろしいことで、地域のコミニティーは犯罪の抑止や秩序を保つ役割も果たして来ました。何か悪いことをすれば、すぐに近所で噂になる。ならば悪いことは止めておこう。現状はどうかと言えば、どうせ何処の誰かは分からない。だったら関係ない。

?

地域の連帯やコミュニケーションの崩壊が指摘される昨今、古い伝統のお祭り行事や地域の集まりにも限界があります。地域の大人と明日を担う子供たちとのコミュニケーションが築かれることは、些細なことのように見えて、実はクイズの正解よりも意味深い気がします。

?

(c) きら 写真素材 PIXTA

タグ:, ,
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2010年2月2日 火曜日

写真素材 PIXTA

?

東海地方最大の繁華街、名古屋市中区錦3ので、ランチを提供する店が現れた。一昨年からの不景気は「夜の街」も直撃しているが「悪い、悪いと言ってもしょうがない」。「一見(いちげん)さん」お断りの店に新たな客を呼び込もうと、ママ自ら腕をふるう。

?2/2中日新聞記事引用

?

会員制クラブと聞けば、我々庶民の踏み入る領域ではありません。ところが、錦三のママがランチで御もてなしをするという店が現れました。普段、縁のなかった一見さんや独り客、女性にはこの機会に覗いてみようと思われる方も多いのではないでしょうか?

?

本来は掟破りとも思えるこの行動の背景には、この不況下で半端でない夜の街の事情が窺われます。一つだけ心配することは、会員制クラブは元来、敷居が高い処にステータスを求めて一部のお金持ちが集まっていました。

?

この秘策によって新たな集客は期待出来ても、ステータスを求めて訪れていた上客は離れていくかも知れません。当然、そんなことは承知で、背に腹は替えられないと、必死の覚悟で始めたと推測します。庶民代表としては「ママさん頑張れ〜!」と陰ながら応援したいと思います。

?

夜の街が寂しくなると、探偵さの仕事も自然に寂しくなります。閑古鳥を追いかけても商売には成りません。一日も早く、夜の錦三に活気が戻ることを願っています。

?

(c) td.lemon写真素材 PIXTA

タグ:, ,
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2010年1月29日 金曜日

?写真素材 PIXTA
?

レンタルCD店からCDを繰り返しだまし取ったとして、静岡県警清水署は28日、同県焼津市石津、介護職員坂野恵美子容疑者(45)と、長男でトラック運転手の仲川隆平容疑者(21)を詐欺の疑いで逮捕した。

1/29読売新聞記事引用

?

借金のブラックリストを免れるために養子縁組の制度を悪用して、何回も改名を繰り返すケースは調査業務の中で、過去に何度か扱った記憶があります。個人の名前や戸籍を随分、軽く捉えている人が居るものだと嘆かわしく感じます。

?

今回のケースはCDレンタルを騙し取ったという疑いとのことですが、CDレンタルごときで、それだけのことをするとは俄かには信じられません。今後の捜査の進展により、借金返済に関わる余罪が明るみになるのではないかと想像しています。

?

(c) moro+写真素材 PIXTA

タグ:,
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。

2009年12月13日 日曜日

報酬を得て男女の仲を清算する「別れさせ屋」。2001年に放映された同名のテレビドラマで知られるようになったが、人間関係を操作することには批判が多い。行き過ぎた工作で逮捕者が出ることもあり、東京都内では元調査員が殺人容疑で逮捕される事件も起きた。

12/13埼玉新聞記事引用

「別れさせ屋」を業務として、営業している探偵業者がある。多くはネット広告が主流で、電話帳広告で「別れさせ屋」の業態を見ることはない。同業界でも、怪しげでアウトローな存在で、協会未加入の業者が運営しているケースが大半であると認識している。

平成19年6月1日より、「探偵業の業務の適正化に関する法律」(通称:探偵業法)が施行され、探偵業務を行うに当たり、所轄の警察署に届出をしなければならないこととなった。

探偵業務の定義
第二条  この法律において「探偵業務」とは、他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう。

調査して報告することが業務であって、他人の恋愛感情に介入して操作するところまでは、業務の範囲を逸脱しているように感じる。しかも、離婚を達成させる目的で、不倫を仕向ける手法は公序良俗の面から問われるべきである。

調査業は世の中に「安心・安全」をもたらす職業であると認識している。「別れさせ屋」などという胡散臭いイメージの業態をいつまでも温存し、トラブルを頻発しているようでは、業界の正常化などは程遠いと言わざるを得ない。

私が入会している「NPO全国調査業協会連合会」(地方組織:愛知県調査業協会)の会員で、「別れさせ屋」の看板を掲げている業者は聞いたことがない。他にも協会は存在するが、協会加入業者は3の1程度と認識している。

今後も積極的に協会加入を促し指導を徹底すると共に、一般消費者にも「別れさせ屋」は探偵業務ではないことを認識して頂きたい。

タグ:
カテゴリー: ニュースコラム | コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて